スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金相場は5000ドルへ-「300年に一度の現象」-USゴールド社

金相場は5000ドルへ-「300年に一度の現象」-USゴールド社
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920015&sid=aVyJi2518ihU

  1月12日(ブルームバーグ):USゴールド・コープのロブ・マキューエン最高経営責任者(CEO)は12日、米政府の債務拡大に伴うドル相場の低落により、金相場は世界的に上昇し、2012年から2014年の間に1オンス=5000ドルに達する可能性があるとの見通しを示した。
時価総額で世界2位の産金会社、カナダのゴールド・コープの創業者でもあるロブ・マキューエン氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「通貨供給があまりにも急速に拡大したため、より多くのドルが行き場を探している状態だ」と指摘。「各国政府は自分の国を救うことができずにいる。景気を回復させようと紙幣を印刷し、債務が恐ろしい規模に拡大している。これがドルの価値を押し下げるだろう」と語った。
マキューエン氏は、自身の金相場見通しを「300年に1度の現象」を体現していると説明。2010年末までに2000 ドルに上昇するとの従来見通しを維持した。
翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先:ニューヨーク 名子 知子 Tomoko Nago-Kern tnagokern@bloomberg.net Editor:Tsuneo Yamahiro
更新日時: 2010/01/13 02:52 JST

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
フリーエリア
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
プロフィール

shimashima

Author:shimashima
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
リンク
経済指標
FX会社FX ブログ
政策金利
FXデモトレードFX ブログ
為替レート
FXブログパーツ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。